将来の為に始めたい!個人型確定拠出年金って?

  • By :

年金には色々な種類が

年金には、全員が納める国民年金の他、企業等で働いている人が加入する厚生年金があります。65歳を過ぎると支給される事になりますが、それだけでは老後の生活が不安という人も少なくありません。

国民年金と厚生年金以外に、老後に年金を受け取りたいと考えた場合に有効な方法が、個人年金や個人型確定拠出年金に加入する方法です。なかでも注目を集めているのが、個人型確定拠出年金です。

個人型確定拠出年金とは

個人型確定拠出年金とは、毎月一定の金額を積み立てていくだけでなく、積み立てたお金を個人で運用していくものです。老後には積み立てたお金と運用で増えたお金を受け取る事ができます。

運用は難しいというイメージを持つ人もいますが、複数の投資法を選び、積立金の運用割合を決めていくだけなので、難しい事はありません。

個人型確定拠出年金の大きなメリット

個人型確定拠出年金の大きなメリットとなるのが、掛け金が全額控除対象になるという事です。ですから、ただ積立をするだけよりも税金面でお得になります。

そして受け取る時にも、控除の対象となります。受け取り方は、年金という形で受け取る方法と、一時金として受け取る方法があります。年金として受け取る場合は公的年金控除の対象となり、一時金として受け取る場合は退職所得控除の対象となります。

個人型確定拠出年金は積み立てる時も受け取る時も、大幅に控除をして貰える為、税金面のメリットがとても大きい事になります。ですから、少しでも税金の節約をしたいと考えた時にも、個人型確定拠出年金の活用がおすすめです。

将来の生活費の不足を補うために、加入を検討しておきたいのが「個人型確定拠出年金」です。この制度は、年金をうけとるときだけでなく納めるときにも税制面での優遇を受けられるお得な制度です。