初めて描くイラスト!続けるためのちょっとしたコツ

  • By :

絵を描くのは好きだけど、苦手意識が…。

当たり前のことですが、どんな有名な絵師さんでも始めからあんなに上手だった訳ではありません。考えてみましょう。料理や運転でも始めの頃は皆初心者です。明確な目標やモチベーションがあれば、続きますよね。上達に必要なことは「楽しい!」と思うこと。どんなに上手くなりたくても、楽しまなければ続けることが辛くなってしまいます。コツは描く前に自分の好きなものを探す事です。難しく考える必要性はありません。動物や人、特定の風景や洋服…などなど、こうした『心の引き出し』を充実させておくと、後々「描きたいものが無い!!」というスランプにはまる事が減るのでおすすめです。

デジタルでイラストを描く人へのヒント

デジタルで絵を描くと色や線などを簡単に修正したり、瞬時に変更することが可能になりますよね。でも、両方を使いこなすとより個性的なイラストが生まれます。例えば、線絵を筆ペンで描けば、ペンタブで描くよりも力強い印象になり、ソフトで着色するとより深みのある作品が生み出せますよ!その他には和紙や水彩テクスチャーを作り、イラストにテクスチャとして使うなど様々な活用方法があるので、この際に実験してみてはいかがでしょうか。

アナログイラストをさらによくするヒント

逆に水彩やインクなど、アナログ派の方にも、ソフトを扱う利便性があります。画面で周りの人に絵を見てもらう時にスマホで撮った画像や、そのままスキャンした画像だと、原画からかけ離れた印象になることはありませんか?作品を画像編集ソフトに取り込めば、画面のズレや色を修正する他、エフェクトなどを加えることも可能になります。一手間をかけると作品がさらに映えるので、是非一度ためしてみてください。如何でしょうか?自分のペースで描けば必ず上手くなりますよ!

イラストの講座は基本から学ぶことができます。しっかりと土台作りをすることで、趣味を充実させることが期待できるでしょう。