介護のプロの証しとなる国家資格もある介護業界

  • By :

介護資格を取得するルート

介護業界は資格業界とも呼ばれており、介護福祉士として活躍するには、福祉系の大学か養成学校を卒業するルートとヘルパーの仕事に就きながら実務経験を積んで資格を取得していくルートの2つのルートがあります。

ステップアップして資格を取得

ヘルパーの仕事は、無資格や未経験でもできますが、仕事の範囲が決められていることから、ヘルパーの仕事に就きながら資格を取得することもできます。まずは、介護職員初任者研修を受講し修了者となり、訪問介護の仕事を続けながら次に、介護職員実務者研修を受講します。介護職員実務者研修を修了し、3年以上の実務経験で国家資格の介護福祉士、5年以上の実務経験で介護支援専門員の受験資格を得ることができ、これに合格することで、資格保有者として活躍の場が広がります。

国家資格の介護福祉士

介護福祉士は、介護のプロと認められ通常の介護業務のほかにも、サービス提供責任者やほかのヘルパーの指導などの仕事を担えるほか、訪問介護事業所のマネージャーとしても活躍ができます。

介護業界最高峰のキャリアの介護支援専門員

介護福祉士の資格がなくても実務経験5年以上で介護支援専門員の受験も可能ですが、キャリアのためには国家資格を先に取得しておく方が望ましいでしょう。介護支援専門員は、ケアプランの作成をメインに老人ホームなどの施設の重要なポジションの仕事ができ、独立して訪問介護事業所の開業もできる資格です。

ライフスタイルに合った受験勉強

介護福祉士と介護支援専門員の試験は、幅広い分野でのさまざまな知識が必要となるため、実務経験だけでは足らないことが多くあります。そのためには、受験勉強をしなくてはいけません。独学でも可能ですが、より効率的に学ぶには自分のライフスタイルに合わせ通学型や通信型などの講座を受講することが良いでしょう。

実務者研修をする場合に場所がないとお悩みの企業に対して、さまざまな要望に応えたレンタルスペースが充実しています。