介護業界で活躍をするために受講すべき講座

  • By :

介護業界で必須の技術を身につけられる講座

老人ホームやデイサービス、在宅介護などで働きたい場合には、資格の有無や業務経験などが要求されることがあります。特に、介護の仕事に初めて挑戦をするにあたり、現場で戸惑うことが多くあるため、前もって初歩的な介護の知識や技術について学ぶことのできる講座を受講することがおすすめです。近年では、民間企業が主催する介護の講座の内容や受講料金について関心のある人が珍しくありませんが、各自の実務経験の長さや、希望の職種などに応じて、受講先を選ぶことがポイントです。また、介護の実務経験が長い講師にお世話になることで、実践的な介助の方法や声掛けのポイントなどを掴むことが出来るため、受講生の体験談を参考にすることが効果的です。

介護の研修制度を正しく理解しよう

介護職員として介護施設に勤務をするうえで、スキルアップを図るために定期的に研修を受けることが有効です。特に、老人ホームの運営をする社会福祉法人や民間企業においては、一定の研修を受けたスタッフを対象とした手当の支給が行われることもあり、より良い待遇で働くうえでも重要な取り組みとなっています。最近では、新人のスタッフへの指導ができる中堅の介護職員の研修に力を入れている介護施設が目立ちますが、実に直結する内容のカリキュラムが組まれている研修を受講すると良いでしょう。その他、介護福祉士やケアマネージャーをはじめとした資格の取得を目指すうえで、体系的に専門の知識や技術を習得することが肝心です。

介護職員初任者研修は介護の基本資格として存在していますが、介護職未経験の場合は取得しておくと採用されやすくなります。