知らないと損する!信用取引の便利な役割とは

  • By :

信用取引は利益拡大だけではない

信用取引と聞けば、大きな取引ができるので利益が増やせるイメージがあります。その分リスクも大きいので損失も膨らむと敬遠する人は多いものです。けれども信用取引の便利な役割を知れば、投資の幅が広がることに気づきます。まずは下げ相場で役立つ空売りについて知っておくことが大事です。株式投資は高く売ることが基本と知りながらも、空売りの利便性に気づかない人は多くいます。空売りは相場を下げるものとさえ思う人もいますが、実はリスク回避には欠かせない大事なものです。

空売りを利用して下げ相場に備える

大きな地震によって株式相場が大きな損失を被ったことは記憶に残っているものです。相場が好調な時にはつい忘れがちになりますが、このような天災は忘れた頃にやってきます。そのための備えとして、空売りの知識を得ておくことは大事です。これは証券会社から株式を借りて、先に売却するというポジションを建てるものです。借りているものなので、いつかは返すことになります。そして株価が下落した時には安く買い戻すことで、利益を手元に残せるという仕組みになります。

新高値取引で多様な投資を可能にしよう

株価投資は片建てである限りは少なからずリスクを抱えることになります。長期投資が目的の株式の保有でも、大きく株価が下がれば配当金がなくなるリスクがあります。その時に売却したのでは、大きな損失となってしまいます。けれども空売りをしておけば、現物株の保有は続けられますし配当金も得られます。さらに大きく株価を下げた時には、ポジションを全て決済することで損失もなく現金を手元に残せるようになるわけです。

信用取引の費用として、手数料や買建てをした際の金利、事務管理費などがかかります。金額は証券会社によって異なりますので、確認が必要です。