自分で運用するならダイレクトサービス!何がお得なサービス?

  • By :

自分の判断で行えるダイレクトサービス

株取引を行うときには証券会社で口座開設を行わなければなりません。その際の選択肢の一つとして上げられるのがダイレクトサービスの利用であり、オンラインで口座開設を行うことができるのが一般的です。これを利用すると基本的には店頭取引を行うことができず、テレホン取引も行えません。取引は全てオンラインで自分のアカウントを使って行うことになり、株を売るのも買うのも自己判断で行うことになります。証券会社の担当者とのやり取りを全く行わずに株取引を行えるのがメリットであり、自分で自由に投資を行っていきたいという人に適しているサービスです。

手数料が安いダイレクトサービス

自分で運用するときにはダイレクトサービスを選ぶと自由に24時間365日体制で取引を行えることはメリットです。それに加えて大きなメリットとして店頭や電話での取引に比べると諸々の手数料が安くなっています。売買手数料や口座管理手数料に加えて、証券会社によっては信用取引の際の金利も安くしてある場合もあるのです。そのため、積極的な運用をしていきたいと考えている人ほど大きな利益を上げやすくなります。株主優待目的で運用はほとんどしないという場合にはあまり大きなメリットではないものの、売買により利益を上げていこうとする上では手数料が安いのは重要な要素です。この点も考慮してダイレクトサービスを利用するのは賢い考え方であり、その中でも手数料が最も安いものを探し出すのが重要になるでしょう。

株の信用取引とは、証券会社に自分の持ち金や株などを担保に預けて信用を得ることによって、レバレッジを3倍に掛けるなど、売りポジションで株の取り引きが可能になることをいいます。