株をやるならネットで!他の選択肢との違いとは?

  • By :

株をやるための三つの口座

株取引によって資産形成を行いたいという場合には証券会社などで口座開設をする必要があります。そのときに主には三つの選択肢があり、証券会社ではそれぞれで行っているサービス内容に違いを持たせているのが特徴です。一つは総合サービスの口座となっていて、店頭でアドバイスを受けながら株取引を行うことができるようになっています。コンサルティングサービスを重視していることが多く、証券会社としての株取引の実力の有無がこのタイプの口座を開くときに証券会社選びの基準になるでしょう。もう一つはテレホンサービスによる口座であり、電話を使って株の売買ができるようになっています。サービスが簡便になって手数料も安くなるのが魅力の口座です。そして、最後の一つがインターネット口座であり、基本的にはオンラインで自己判断による株取引を行うことになります。手数料が最も安くなるのが特徴ですが、基本的には証券会社からのアドバイスは受けられません。

自分で運用するのが肝心な株取引

この三つの口座の中から選ぶときに、株取引は自分で判断して行っていこうというのならインターネット口座が適しています。手数料が最も安いだけでなく、間に担当者が介入しないことから自分の判断で速やかに売買を決定することが可能です。それによって成功しても失敗しても血となり肉となっていき、株取引のセンスを磨くことができるでしょう。自分から運用をして、ずっと株取引を行って資産形成に臨んでいくという場合にはインターネット口座を選んでおくと、今はそれほどうまく運用できなかったとしても将来的には大きく稼げるようになる可能性が高まります。

ファンドのランキングに目を通すのは、投資先を決め資金運用を行う上で欠かせないことです。ファンドの運用実績を読むことで、手持ち資金が増えてくれます。