身近でも使える心理学について簡単に知ろう!

  • By :

心理学とはどんなもの?

「心理学」といって想像することは人それぞれだと思いますので、それについて簡単に説明するならば人の心についての主権的な内面的な経験を理論的な基礎に置くこと、つまりは自身の考えや経験に確実な根拠を付けることです。

その経験などに人とのコミュニケーションのしかたなど様々なものがあります。

難しい……でも簡単に利用することができる心理学!

「心理学」というと少し難しそうなイメージを持つかもしれません、確かに本気で勉強するならばどの学問においてもそう思うのは当たり前かもしれません。ですが、専門家でなくても心理学を利用することはでき、それは明日からでもできます。

身近な心理学について

例えば初対面の人と会うときに身なりがキチンと整っていればその相手にキチンとした人間だと思わせます。

これは「ハロー効果」といい立派な心理学の言葉です。

他にも色々な身近でも利用できる心理学があります。

独学で学ぶ心理学のメリット

身近でも心理学は使え、職場や学校の人間関係を築き上げ、なんなら恋愛的な関係にも利用することができ、人の心の動きに科学的な根拠をつけた心理学はかなりの確実で多くの人にそれは当てはまります。

心理学を本気で学ぶ人へ

先ほどにも説明した通り、心理学は一般の人でも利用できます。それができたのはその心理学を本気で学んできた多くの人たちが経験や考えを総結集させ、分かりやすくまとめてくれました。

そして、その専門家たちの一人になりたい人はそれを学ぶことで多くの人々のためになると私は思います。

例えば地震などの災害で人々に与えられてしまった大きな心の傷を癒すことができるのも心理学を学んだ人、心理カウンセラーなどがおり、その人たちは評価されるべき人たちだと私は思います。

心理学の大学は全国にありますが、放送大学でも学ぶことができます。臨床心理士や、認定心理士といった資格を取得できる大学もあります。